パラローイング

1x と 2x

Swiftのパラローイングボート(1xと2)はFISAのパラローイング艇の設計に基いたもので国際大会で使用されている規格と同様のデザインです。クラブAとクラブBからお選び頂けます(両グレード共にサンドイッチ構造を採用しているため 剛性と耐久性に優れており、これは平底艇では特に重要で、同時に一定の軽さを保ちやすいという特性があります。

艇スペックとクルー体重の関係

長さ mm 幅 mm 奥行 mm クルー体重平均(約)kg
1x636051026565-105
2x916051527560-100

リガーとフロート(浮き)

コクピットへのアクセスができるだけ容易に出来るよう、リガーはアルミウィングリガーを採用しました。
最適なピンの位置(Line of work)が得られるよう、全てのパラボートの1xと2xにリガーの取付穴は6セットあります。

スターン側から二番目の穴が初期設置ポジションです。リガーは30mm船尾方向へ移動可能でピンの移動も同じ間隔位置で変更できます。また船首方向へは30、60、90、120mmの間隔で移動可能です。漕手に対してピンの位置を移動する理由はキャッチでのオールの角度をより良いものにするためで、速度アップにつながり楽しさもアップします。
Swift製の他のボートと同様、パラボートもご注文の際にはピンポジション、スパンとワークハイトを指定いただくことが可能です。

FISAのレースルールに従い、1xにのみ浮きが付属しています。 Swiftの浮きはアルミウィングやユーロリガーのようなリガーブロックを使うどのようなリガー(長い穴のある=12mm幅)でも使えるように設計されています。

シートデッキ、レール、シートとバックサポート

アダプティブ1x、2xのシートデッキは、パラローイング中に発生する大きな力に耐えるために、16mmです(オリンピックタイプのレース艇の場合は5mm)。

アダプティブシートレールは非常にシンプルなデザインです。 それは座席デッキ上の負荷を分散させるために、表面積の大きい「C」字型の形状をしています。 さらに、各レールは7本のボルトでシートデッキに固定されているので、レールはボートにしっかり固定されています。

この「C」字型の形状に、六角形の固定ナットと一緒にシートやバックサポートをレールに固定するために使用される非常に強い「T」字型のボルトをスライドさせます(4本のボルト、各コーナーに1本)。 これはクイックリリースシステムではありませんが、片手で調整できるという点、およびすべてのナットを締めたときに遊びやたるみがゼロという点で、2つの利点があります。

[注意] 特にシートやバックサポートを使用する前に、ボルト、ナット、そして縁などの突起部分が適切にパッドで覆われていることが非常に重要です。

また、脚とシートレールが直接接触していないことを確認してください。
脊髄に損傷を負っている方のように床ずれを発症しやすい場合、自分と座席の間の最も適切な接触面に関して専門家から医学的助言を求めるべきです。
クッションは快適さを提供するだけでなく、直接座っている圧力や漕ぎで発生するせん断力から保護するのに役立ちます。

ストラップ

両脚、胸元とバックサポートを固定するためのマジックストラップが一本ずつ付属します。

ストレッチャー

シューズタイプとFlexfootタイプの2種類からお選び頂けます。 FlexfootはC2のエルゴをベースにした部品を使用していますが、それを実際の艇で使用するために改良されています。漕手の安全に一番適したタイプをお選びください。

パラローイングボートの艇重量

Club AClub B許容値
1x2426±1kg
2x3740±2kg
上記の重量には以下が含まれます:
  • 1x: アルミ製フレームシート
  • アルミ製フレームバックサポート
  • 浮き(ペア)
  • 2x: アルミ製フレームシート2台