Swift Racing とは

Swift Racing のボートは、実績のある材料と製造プロセスを使用し、中国浙江省杭州市にあります近代的設備の整った造船所にて製作されています。 Boats 構造的完全性と剛性を最大にするために、すべてのボートはエポキシ樹脂を使用して真空下で熱硬化されています。 最も安価なモデル(クラブAとクラブB)でさえ、キャンバスデッキとサックスボードにハニカムコアを使い、シートデッキとキールにPVCを使って剛性を高め、全体の重量を最小限に抑えています。

艇の構造について

サンドイッチ構造(内側と外側のスキン、中間にコアを持つ)は、手漕ぎボート構造で最も一般的な構造タイプであり、業界全体で使用されている構造方法は驚くほど似ています。
カーボンクロス、ケブラークロス、またはグラスファイバークロスのいずれかと、通常ハニカムまたはランターコアマットであるコア材料は、樹脂で処理された後、真空下、高温で熱硬化されます。
造船のこの方法はある程度避けられないほど労働集約的です。 私たちは新しい技術を採用し続けていますが、中国では比較的低い人件費から恩恵を受けており、それがSwiftブランドの販売価格に反映されます。

ハニカムのようなコア材料は、全体の重量をほとんど増加させずに船体の厚さを増すためのサンドイッチ構造を作るために使用されます。
艇の複合的な構造の厚さは、その性能、特にその長さに対する剛性、およびその局所的な硬さに直接影響します。
コアマットも代替コア材料として使用でき、密度が高いためボートが重くなるという点がありますが、ハニカムよりも接合面や耐衝撃性が良好であるため、しばしば剛性の増大をもたらします。つまり修理がより容易になります。